0
JA

Art & Culture

フェルトを使ったベーグルショップ、ルーシー・スパロー FELTZ BAGELS

英国人アーティスト、ルーシー・スパロウがフェルトだけで作られたベーグルベーカリーストア「FELTZ BAGELS」を携えてニューヨークに戻ってくる。国際的に高く評価されているアーティスト、ルーシー・スパロウは2017年6月に‘faux-dega’ 8 Till Late – にて初めてニューヨークにフェルトの世界感を持ち込んだ展示を開催。9,000個のハンドメイド作品でいっぱいの品揃えコンビニエンスストアを作り上げた展示は圧巻で大盛況となった。10月3日にオープンするルーシーのニューヨークでの2回目の展示では、TWファインアートの協力のもと、ロウアーイーストサイドの空き店舗をフェルトで作られたベーグルベーカリーに変身させる FELTZ BAGELSを開催。今回の展示では、全て手縫いで制作されたNYの定番などが刺繍された13種類のベーグルが提供される。本サイトではルーシー・スパロウの特別インタビューとともに、展示の様子をお届けする。

Art & Culture

ニューヨークを拠点とする新進アーティスト、チェイス・ホールの新作展がデビッド・コルダンスキーギャラリーで開催

ニューヨークを拠点とする新進アーティスト、チェイス・ホールの新作展がデビッド・コルダンスキーギャラリーで開催。「The Bathers」は、沿岸地域の複雑な歴史と海の深さに関するホールの継続的な調査を続け、自然へのアクセスと制限、レジャー、公共空間、ブラック・アドベンチャリズムを取り上げた新しい作品群である。ホールは、コットン・キャンバスにアクリル絵の具と淹れたコーヒーを混ぜたものを使い、動物に囲まれ、スポーツをし、水中のシーンに集まる人物のポートレートを描いている。ミネソタ州、イリノイ州、ネバダ州、コロラド州、カリフォルニア州、ニューヨーク州といった州を行き来し、これらの地域やその周辺に水を見つけたという個人的な経験をもとに、ホールはキャンバスの広がりを使って、歴史的に荷担してきた社会的風景における人種、階級、混血、地理といった伝統的な理解を、絵画的な厳密さで複雑にしている。

チェルシー

Art & Culture

ニューヨークを代表する広大な敷地を持つギャラリー、ディア・ビーコン

アーティストのビジョンを推進し、実現し、保存することを使命とし、1960年代から1970年代にかけて活躍したアーティストを中心に、その作品を徹底的に収集し、展覧会を開催しているDia Art Foundation。Diaは、1974年にフィリップ・デ・メニル、ハイナー・フリードリッヒ、ヘレン・ウィンクラーの3人によってニューヨークで設立され、規模や範囲の問題で実現できないような、アーティストによる空想的なプロジェクトの実現を支援している。このような野心を実現するための施設の役割を示唆するために、彼らは "through "を意味するギリシャ語から取った "Dia "という名称を選んでいる。現在は、米国とドイツにある8つの常設施設で構成されており、 ニューヨークにはDia Chelsea、ハドソンバレーのDia Beacon、そしてロングアイランドのDia Bridgehamptonの3つのスペースを運営している。特にハドソン川のほとりにある、かつてナビスコの箱の印刷工場だった建物を利用して作られた広大な敷地を持つDia Beaconは圧巻。アンディー・ワーホル、ウォルター・デ・マリア、ダン・フレヴィン、リチャード・セラなど1960年代から現在までのDiaのアートコレクションを紹介するほか、特別展やパブリックプログラムも開催している。

Art & Culture

ニューヨークのメガギャラリーの一つ、デビッド・ツヴィルナー

デイヴィッド・ツヴィルナーは、ニューヨーク、ロンドン、香港に拠点を持ち、フランシス・アリス、ダン・フレヴィン、ドナルド・ジャッド、ゲルハルト・リヒター、草間彌生、河原温、ゴードン・マッタ=クラーク、トーマス・ルフなど、ジャンルや時代を超えた60組以上のトップ・アーティストの活動を紹介してきた1993年創立の現代美術を扱うメガギャラリーの一つ。オーナーはアメリカで最も影響力のある画商の一人で、ギャラリーの名前となっているドイツ人画商デビッド・ツヴィルナー。2014年よりデビッド・ツヴィルナーの息子のルーカス・ツヴィルナーが責任者を務める出版部門を設立。展覧会カタログや美術史的な研究をまとめた本、アーティストブックなどの出版に加え、ニューヨークで今最も注目されている雑誌の一つと言われている非営利で運営されているThe Drift(ザ・ドリフト)への資金提供も行なっている。またニューヨークを拠点にする12の中小ギャラリーがデイヴィッド・ツヴィルナーのプラットフォームを利用し、各ギャラリーの所属アーティスト1名(2作品)を展示・販売することができる「プラットフォーム:ニューヨーク」を設立。このプラットフォームはパンデミック以降オンラインプラットフォームの必要性が高まる中で、このようなプラットフォームを持てないギャラリーのためのプラットフォームである。

  • ©2022 The New Bklyn Times